毛ガニの茹で方 - 毛蟹ブログ

毛ガニの茹で方

活毛ガニは、大抵おが屑の中に入れられて通販や市場から購入することが多いです。
だから、まず、毛ガニについているおが屑や汚れを水で洗ってきれいにします。

次に、脚が開くとお鍋に入らなくなるので、輪ゴムで脚を固定して動かなくします。

お鍋の用意ですが、毛ガニが隠れるくらいの量の水を入れておきます。
そして、お水には塩を入れて、3%ぐらいの食塩水を作っておきます。

何故3%なのかというと、海の塩分濃度が約3%なのですね。
毛ガニが住む海と同じ塩分にすることで、毛ガニの体内の水分が体外に出ることなく、
(中学校の理科で習う塩の浸透圧の関係ですね。懐かしいですね。)

毛ガニがおいしいままプリプリに茹であがるのです。

お鍋の塩水は、先に沸騰させます。
その後、脚を固定した毛ガニを入れて蓋をします。

15分から20分茹でて、ざるなどに上げて余分な水分を切ります。

茹で過ぎはダメです。せっかくの毛ガニやミソが台無しになってしまいます。

この作業がよくわからなくて、自信がない。面倒くさいという方には、
専門のカニ職人が茹でた、冷凍ボイル毛ガニ通販がお勧めです。

解凍しただけで、そのまま直ぐに美味しい茹で毛ガニを堪能できます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。