毛蟹ブログ

毛がに味噌汁

毛がには、お味噌によく合います。

いろんな毛がにのお味噌汁があると思いますが、
今回ご紹介しますのは、身を食べてしまった後に作る簡単お味噌汁です。

我が家では、毛がにをいただいた後の殻や身を出せなかった脚先など
を使って、だしを取り、最後にお味噌汁をいただきます。

材料:
毛がにの殻、甲羅、食べ残し全て。2から3ハイ分くらい。
毛がにのミソ少々。(少しがミソです。多すぎるとくどくなります。)
合わせ味噌。
酒。適量。
豆腐。適量。
ネギ。適量。
七味。

作り方:
1.毛ガニの殻、脚、など、食べた残りを全てブツ切りにします。
2.かにミソ以外の部分を鍋に入れて、蟹殻が隠れるくらいの量の水を注ぎ、火にかけます。
3.沸騰後、5分くらい煮てダシをとります。甲羅もジャブジャブ洗うように旨味を洗い出します。
4.殻、アク、を箸や網杓子などですくい、鍋から取り出します。
5.酒、味噌、豆腐を入れ、ひと煮立ちしたら、火を止めます。
6.残していた少量のかにミソを入れ、軽くかき混ぜます。
7.最後にネギを散らして、出来上がり。
8.七味を振りかけると、おいしいです。

冷凍ボイル毛ガニの解凍の仕方

茹でてある冷凍の毛がには、通常、鮮度の良いうちに急速冷凍されているので、
冷蔵庫内でゆっくり自然解凍すると、茹で上げの美味しさに戻すことができます。

その時に、大切な毛ガニのミソの汁が流れ出さないように、カニを裏返しにした
状態で甲羅の表を下にして冷蔵庫内に置きます。

何故、ゆっくり自然解凍なのかというと、急速にとかした場合には、
カニの旨みが先にカニの表面に水分と一緒に多少出てしまうのでよくないのです。

また、電子レンジでの解凍もカニ身がぱさついて美味しくなくなってしまうので
避けたほうがよいです。

毛ガニの茹で方

活毛ガニは、大抵おが屑の中に入れられて通販や市場から購入することが多いです。
だから、まず、毛ガニについているおが屑や汚れを水で洗ってきれいにします。

次に、脚が開くとお鍋に入らなくなるので、輪ゴムで脚を固定して動かなくします。

お鍋の用意ですが、毛ガニが隠れるくらいの量の水を入れておきます。
そして、お水には塩を入れて、3%ぐらいの食塩水を作っておきます。

何故3%なのかというと、海の塩分濃度が約3%なのですね。
毛ガニが住む海と同じ塩分にすることで、毛ガニの体内の水分が体外に出ることなく、
(中学校の理科で習う塩の浸透圧の関係ですね。懐かしいですね。)

毛ガニがおいしいままプリプリに茹であがるのです。

お鍋の塩水は、先に沸騰させます。
その後、脚を固定した毛ガニを入れて蓋をします。

15分から20分茹でて、ざるなどに上げて余分な水分を切ります。

茹で過ぎはダメです。せっかくの毛ガニやミソが台無しになってしまいます。

この作業がよくわからなくて、自信がない。面倒くさいという方には、
専門のカニ職人が茹でた、冷凍ボイル毛ガニ通販がお勧めです。

解凍しただけで、そのまま直ぐに美味しい茹で毛ガニを堪能できます。

毛ガニの一番美味しい食べ方

毛ガニの一番美味しい食べ方というと、やはり塩茹でです。
これがもっとも毛ガニの素材そのももの味を楽しむ食べ方です。
毛ガニのミソをカニ身につけながら食べるのが最高と思います。

個人的は他の調味料やソースで味付けしてしまうのは、もったいないような気がしてしまいます。

身を食べた後の殻は、良いダシが出るので、お味噌汁に入れたり、雑炊、かに飯、スープ、お鍋などに入れても美味しく、毛ガニを堪能できます。

毛ガニのミソとは?

カニの中で、最も美味とされる毛ガニのミソですが、あれって一体なんなのでしょう?

加熱した蟹の甲羅をはがすと現れる茶色から濃緑色のペースト状のもの。

みそってつくので、毛ガニの脳みそだと思われがちですが、実は、あのミソは臓器の一つで、毛ガニにとって、肝臓と膵臓を併せたような機能を持ちます。

毛ガニのミソは、非常に栄養価が高く、脂肪の燃焼を助けるグリコーゲンがたくさん含まれています。
だから、あんなに濃厚な味なのですね。

お寿司の軍艦巻なんか最高ですね。

毛ガニの選び方

毛ガニの選び方ですが、やはり、絶対オホーツク海産のものでしょう。

冷凍ボイル毛ガニなら、甲羅が濃い赤で、重いものです。甲羅や脚が黒ずんでいるものは避けましょう。

そして、活毛ガニであれば、元気があって、重く、外見に傷みのないものがいいです。

毛ガニの泡吹き

毛ガニが泡を吹いているのを見たことのありますか?

子供の頃、茹でる前のカニが「ブクブク」泡を出しているのを見て、
怒って人間に抗議しているのだと管理人は思っていました。

でも、実は怒っているのではないそうです。

本当は、呼吸困難になって泡を吹くということらしいです。
毛ガニのエラはお魚とは違って、水分をたくさん蓄えることができるのですが、
(だから、活毛ガニなんかも通販で購入しても、平気なんです。)

このエラの水分が無くなりかけると、粘着質になって、空気と混じることにより、
泡になって吹くように見えるのです。

ちょっと、かわいそうな気もしいますが、それでも、毛ガニはおいしいです。
毛ガニさん、すみません。そして、どうもありがとう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。